国民健康保険と社会保険との違いを感じた体験談

新卒の時、私は普通の上場企業に勤めたので

新卒の時、私は普通の上場企業に勤めたので、あまり何も意識しないまま厚生年金に加入していた。健康保険も、勿論社保。その後転職をして、税理士事務所に勤めたところ、そこでは国民健康保険への加入となった。
昔は全く意識していなかったが、この2つは大きく違う。病気になった時の保険として考えるなら、3割負担が今は社保も国保も同じなので、そんなに差を感じることはないが、何が違うかというと年金である。
社保の下にある厚生年金は、会社が加入しており、自分の給料から引き落とされるのとほぼ同額を、会社が個人の名前で支払ってくれるシステムになっている。
国民年金は、社保の自己負担分よりやや少ない額を、給料から自分で納める形になる。そして、厚生年金は扶養家族の分も計算され収めることとなるが、国民年金はあくまでも個人のものになるのだ。当然、年金として支払った金額に、毎月毎月差が出てくる。
実際、その意味が分かるのは、自分が年をとって年金受給者となった時である。失ってしまった時間は戻ってこないが、出来るなら昔の自分に教えてあげたかった知識である。

私は、国民健康保険と社会保険との違いについて

私は、国民健康保険と社会保険との違いについて、色々な方面から感じたことがありました。

この両者は、どちらも医療機関にかかる時に必要な保険証になりますが、長期間入院をして高額な医療費になる時に、医療費自己負担額を一定額まで払えば良いという、高額医療費の申請をすることになります。その申請先が、国民健康保険と社会保険とでは違うということです。

国民健康保険は、行政機関の市役所や区役所といったところで、この保険の手続きや高額医療費の限度額申請も行いますが、社会保険は協会けんぽという機関や年金事務所で申請することになります。国民健康保険と社会保険とでは管轄が違うということを、この限度額申請を行う時に知りました。

仕事をしていて、会社で保険に入る場合は社会保険となり、会社で保険に入っていない場合は国民健康保険となります。
また、国民健康保険の加入者が受けられるワンコイン人間ドックは、社会保険の方は受けることができず、社会保険の加入者が受けれる生活習慣病予防健診などは、国民健康保険の方は受けられないのを知らずに問い合わせをして、そこで気づいたということがありました。

お役立ち情報